法人概要

東京都介護福祉士会の組織概要・会長挨拶・事務局長・役員紹介の法人概要をご紹介します。

法人概要

事務局長 阿久津まち子

  事務局長の阿久津と申します。
平成26年9月1日公益社団法人東京都介護福祉士会として再スタートを切りました。公益社団法人としての第1期は副会長、事務局長としてもうしばらく頑張っていきたいと思っています。 さて、日本の介護福祉士は129万人を突破し全国には1,292,207名(26年7月末現在)東京には93,270名の介護福祉士が登録されています。しかし、全国の介護福祉士の介護福祉士会への入会率は、日本介護福祉士会では5%未満、東京においての会員加入率は1.6%にとどまっています。 これは全国的にも非常に低い加入率です。 この様な状況においては職能団体としての役割を担うこともできない状況が危惧され、現実に厚労省の各種委員会等でも、介護報酬や制度に関して提出している公益社団法人日本介護福祉士会の意見は、組織率の低さにより介護福祉士の総意ではないのではとの声もあるほどです。
非会員の介護福祉士から「入会のメリットは何」と聞かれることがよくあります。その時は入会する事によって当然専門職としてスキルを高めていくことはもちろんですが、最大のメリットはあなたの持っている介護福祉士の資格の社会的な認知を高め育てていく事だと答えています。入会しないことがデメリットだとも伝えています。 また、介護福祉士養成施設の介護福祉士資格を持つ教員の方々には、その養成の過程の中で職能団体の意義や必要性を学生に教授していただきたいと考えておりますが、未だご入会をいただけない方や、ご入会いただけても継続をしていただけない現状があります。 このような中、事務局では、研修を増やしていく、制度改正の情報をいち早く会員にお届けするなど、会の活動を充実させ、魅力ある会作りにたゆまぬ努力を続けております。その努力の成果が少しずつではありますが、昨年度に比べ会員が増えていることは大変うれしいことではあります。しかし、全体から見て東京の現状は相変わらず大変厳しい状況にあります。 介護保険制度が改正される中、1人ひとりがこのことを再認識し、職能団体へ加入する意義を正しく理解し、ぜひ介護福祉士会へのご入会をお願い致します。

公益社団法人東京都介護福祉士会 TEL.03-5624-2821
ファーストステップ研修
実務者研修教員講習会
実習指導者講習会
地域ブロック学習会
介護福祉教育部会
国際協力委員会
介護に関する求人コーナー